PAUL&JOEさんとの和解について


****************************************************************

昨年10月に私の刺繍画像を無断で使用したのでは?ということから
警告し交渉させていただいておりましたPAUL&JOEさんと この度和解いたしました。
和解に際して私 窪田弘子とPAUL&JOEさんは以下のことを公表いたします。
(左のものが日本語版です。クリックで大きくなります。
スマホの方はもう少し下にテキストがございます。)

PJ-1.jpg PJ-3.jpg PJ-announce2.jpg ilovepdf_com-1.jpg


PAUL&JOEさんの公式サイトにも同様のものがございます。→(残念ながらスマホでは読みにくいです)

警告についてはこちらの記事をご覧ください。
提訴についてはこちらの記事をご覧ください。


****************************************************************
  • 2017/03/23/Thu 08:50:09
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか


前回の日記をお読みになった私の大好きなお姉さまからメールをいただきました。
お姉さまは「ぬいぐるみ」の場所で笑い(その笑いはAとは違う種類の笑いです)
そのあとあたかも五右衛門の斬鉄剣よろしく三味線の音が聞こえたぞと思ったら
素早く剣は鞘に戻され背後の斬られたものたちは丸裸…。

私がね、一時怒るのをこらえたのは私がAのことをとても大好きで大切な友人と思っていたからです。
勿論私が知っていた面に於いて…ということになりますが。
面白いと思うものが一緒だったりものの考え方が似ていると感じると話していてとても楽しいですよね。
尊敬できるところも見習うべきところもたくさんあるのだから
ほんの一つの気に入らないところくらい目を瞑れば良い…瞑れるかな?と思ったのですよねきっと。
こんな小さなことひとつでこの友人を失うのは惜しい、と思っていたのです。
別にその気になる小さな一つで他の長所がダイナシになったりはしませんよ。今も尊敬しています。
でももう全部ばかみたいにその言葉を受け入れ信用するのは残念ながら出来なくなってしまった。
(それは決して相手が嘘を言っているということではなく 私が自分の都合のいいように解釈してしまうだろうということです)

好きなことが共通していて楽しいことのたくさんある間柄より
無理なことが共通している間柄の方が自分には重要だったのでしょう。
「負」の方の感性の似ていることって結構大事なんだなあと改めて思い知りました。
どっちがいいとか正しいとか間違っているとかじゃないですよ。
それが自分の子どもの、子ども時代の感性であるなら
そばで暮らすものとして矯正しようとしたかもしれませんが
相手大人ですし他人ですし私が自意識過剰なだけなので
そちらはそちらで同類項、みたいな感じでもう自分でココロ整理するしかないです。
整理したつもりでまだもやもやしてたのですがそこをお姉さまが見事に斬鉄剣で片付けて下さいました。
何だか私も笑ってしまいました。ありがとうございます。

昨日はプロジェクトにかかわる人たちでいくつかのあるもののサンプルを見て
みんなで嬌声をあげてしまいました。(たぶんみんな)
プロジェクトのお友だちが「似たような感性の人が集まってる気がする」と言ってくれました。
私もそう思っています。
その上好きなものにも共通点があって私の「仲間集め土下座大作戦」は
中々成功しています。このまま大成功で終わりたい。

続きはただの親バカ炸裂なので「つまらんモノを斬りたくない」かたはスルーで。

  • 2017/03/19/Sun 19:03:03
  • COMMENT:1
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか


連休なのですね。
子供はみんな春休みに入っているものの夫は出勤があったりして曜日の感覚無くなります。
21日は父の命日なのですがお墓参りに行けてません。
そうそう、2・3日前、その父が亡くなって以来初めて(18年ぶり)夢にはっきりと出てきました。
どこか小さな神社かお寺か、広い池もあるにぎわった場所に都電の駅があり(そんなところ覚えないのですが)
切符を買うために並んでいる、という場面です。
小さなホームに上ってやがて電車が来て一緒に乗ったような。
あれ、こういう時って「お前はまだ乗っちゃいけない」とか言うんじゃないでしたっけ?
一緒に乗っちゃったよ、私は既に死んでいる・・・?のか?

*******

今日も今日とて新しく紹介できるシャツがありません。(後述)
なので家の小物でも。
ずーっと前から「キーボードに掛けるホコリ除け欲しい」と末っ子より注文されて
そんなのシャツ縫う時、ハンカチ縫う時についでに出来るだろ!と思いつつ半年くらい経ってしまいました。ごめん。
いつか刺してそのままだったポケモンもくっつけてやっと出来ました…。
(そ、そんなに難しかったのかなこれ。10分もかからなかったけど…)

hp1_R.jpg

そうそういつぞやのゲーム機ポーチもまだ健在です。
端っこはアジが出てますが刺繍は全然傷んでないですよ。

hp3_R.jpg

今度高校3年ですが末っ子はいつまでもかわいいものです。

******

新しい刺繍の画像が無いわけは
取り掛かっていましたシャツの刺繍が難しくてギブアップしてしまったからです。

もうお空へ旅立ってしまっているにゃんこ・わんこの場合などに
紙の古い写真しかなかったり小さかったり暗かったり刺繍するには向きが合わないにゃんこの写真しかない、
ということがよくあります。
そういう場合は似たような色柄のねこの画像を探して
「こういう向きにしたらこんな風に見える…」とお顔と体を合体させたりして
不自然にならないようによーく考えつつさすのですね。
それで大抵はなんとかなるのですが今回はなんとかなりませんでした。
イラストだったらね、どうにかやっつけられるかもですが
刺しては解いて刺しては解いて・・・で全然進まなくて
ホント想像力の無さというか自分の力の無さ感じます。
注文主さまには大変申し訳なかったのですがご了承いただき
別の写真を探していただいている次第であります。

で、この度のことはご注文を受けた段階で「ちょっと苦手だな、できるかな?」とは感じたのですが
それは例えば犬の時とかねこ2匹の時にしょっちゅうある、
「う…」という不得意ものを出来れば敬遠したい、嫌だ…みたいな苦手意識であって
別に「怒り」というのは無かったのですね。
で、この時お友達とこれに関することをメールしていて
途中で「もういいや」と捨て置いてしまっていたことを思い出しました。

  • 2017/03/12/Sun 11:43:55
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか


陽射しはすっかり春っぽくなっておりますが朝の空気の冷たさ、早く緩んでください。
先ほど荷物を出しに「ゆうゆう窓口」へ行ってきたのですが
帰ってきてから荷物の一つの刺繍の「写真撮ってないじゃん!」と気づきました。
小さめにゃんこの刺繍が昨日出来まして今朝洗ってアイロンしてすーっかり撮影忘れていました。
私には兄が一人いるのですが同僚の方が異動されるので何か贈りたい、ということで
「忙しいだろうから」と前もって去年のうちから頼まれていたのに今頃ですよ。ごめん兄ちゃん。
(でも「2年後」より大分超特急です。)

兄はこれまでもこれからも自分では刺繍など全く興味ナシと思われる人です。
同僚のかたというのも男性で、男性に刺繍小物ってどうよ?と感じないでもなかったのですが
兄が本のことを話したところありがたくも大変興味を持ってくださったそうで
それで、の贈り物です。
この方に興味を持っていただいたこともとっても嬉しいのですが
(私くらいの歳なら別に普通かもですが)両親がすでに居りませんなかで
自分のことをこういう風に使ってくれる人がいるのは嬉しいことです。あんまりやらされたらヤダけど。
(少なくとも「こいつのやってること恥ずかしい」などとは思われてないという事ですよね…安心いたします。)

*******

シャツやらなくちゃー、となりながら細々したことが色々あって
何となくまだ仕事が滞っておりますが
↓前回の日記の「塞いだ気分」は無くなりました。しかし体力とか気力が一旦底をついて
じわじわたまったものをまた使ってしまって回復待ちです。

この「細々したこと」とは兄の頼まれ刺繍のほかに
例のプロジェクトの私のパート、刺繍のほかに文字もあるんですけどね
それをまとめるのに何曜日だったかホントに朝の8時ころから昼過ぎまで、お昼食べて6時まで、
みたいな感じに日中ずーーーっとパソコンの前に座ってぱちぱち打ってました。
(私途中で立たないですからほとんど。いつか絶対エコノミークラス症候群起こします。)
私、普段刺繍は「おぜん」を前にべたっと座ってやっています。
例え3時間座りっぱなしであっても正座じゃないですから足を崩す向きを変えたり、とかはあります。
しかし椅子に座って集中すると足は下げっぱなし。当然夕方にはむくむわけです。
女の人は多いですよね、立ち尽くし、座り尽し、歩き尽しはむくむものです。すねとかね。
別に翌日に回復している程度のむくみなんか日常茶飯事です。
ところが今回私は驚いた。
このあとお風呂に入って洗い場で正座した時に「あ、石鹸か何か踏んずけた」と足の甲の下に異物感を感じ
手で払っても何もありません。しかし再び座ると異物感。
あれ?と振り返るとなななんと足(足首から下)本体がお饅頭のように!
えええっ!なんじゃこりゃ生後半年ほどの赤ちゃんみたいな足です。
私腎臓でも悪かったっけ!?とびっくりしまして
その晩は家人が手術後に使った「弾性ソックス」を履いて寝ました。
しかしこの弾性ソックス、足首から上はそれなりに「効いて」る強さでも足首から下は緩かったのですよ。
(サイズの問題で)
そしたら翌朝、足首から上はすっきりむくみなしスリムウォーク!なのに
足は相変わらず「スベスベマンジュウガニ」状態。あわわわー。
でもとりあえずその日もパソコン入力業務に明け暮れまして
お風呂ではやっぱり石鹸踏んづけてる?感覚でしたが
この2日でパソコン業務のカタが付き、
その安心感からなのか翌朝は(ソックス無しで)すーっといつもの足に戻っていました。
足の甲の筋に無事再会することが出来ました。良かった。
立ちっぱなし、座りっぱなし業務の女性のご苦労が分かりました。心から応援したいです。


  • 2017/03/06/Mon 14:57:51
  • COMMENT:1
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか


日中はそこそこ気温が上がるのに朝はまだ冬のままです。部屋の中が寒いです。
そのせいでもないのでしょうけれど今日はヤル気の出ないダメダメモード。
最近そういうの無かったからまあいいか…(甘)

「手を出してはいかん!」の刺繍、左上にあるのは桜の刺しかけ、
この段階でエネルギーが切れました。

taro1_R.jpg

仕事とはちょっと別のやりたいことをやってみようと
ここ2月半ほどかなり打ち込んでおりました。
(ホントにシャツなどをお待ちいただいている方には申し訳なかったです。
海外の方のメールなんかもめっちゃためてました。)

そこまでしてやろうとしてたこと、
折角ならばといろいろ欲張っちゃったりします。
それで自分にとっては恵まれすぎ!みたいな協力者さんたちとともにやってきたところ
ひょんなことから怖いくらい素敵な迷宮に。入っちゃって。
私は1週間くらいユメ見ちゃいましたよ。
んで3日前に夢と現の間で結構苦しみ
昨日はすっかり目を覚ましたのですけどね、
「あれは夢だったのだ」という事を納得するために自分に言い聞かす理由がね、いじましい。

えと、分りにくいですね。
平たく言えばお金をかければ確実に素晴らしくなるけど
そんなお金かけるのもな…みたいな。
これはもちろん湯水のごとくかけるお金はないのは勿論ですが
初めの予算よりオーバーしても
より良いものが出来るならどこまで出費してもよいか?の線引きが難しい。
で、そんなの現実に立ち返れば
「そんなにお金かけるほどの刺繍じゃない」っていうのが一番にあります。
でもこう考えるとモチベーションが下がってしまうのですよ。
ネガ突入は必至です。今はそうなりたくない。
するとね、わざわざ別角度からそれ以外の理由を探そうとしてしまうんですよ。
理由なんて「お金ないから」で充分なのに
実際には多分ほとんど心配すること無いような不安を感じ取って
「だからこのお話は見送ろう」というようなね。屁理屈こねてるんですよ私は。そういう自分の態度が嫌なんですよ。
残念で惜しいんですね。良いものを知っちゃったから。
(これは知らなかったらよかった、というモノではなくいずれ知る段階が来たのですが)
なんか全然知らなかったからこそ流動的だった考えのところに
「すごくいいもの」知っちゃって、見なかったことにするのがなかなか出来ないのですね。

コートを作ろうとして布を探していいウールが見つかった。
でももうちょっとお金出したらカシミア入りが買える。
初めてのコートだったら「上手になったらあれで縫いたいな」って諦められるけど
もう経験もあるしもしかしてコート縫うの最後かもしれない、なんて場合だったら
「折角だからいいやつ使いたい」ってなるでしょ?それですそれ。
私のプロジェクトに「次」は無いな、って思ってるんですよ。

……現実に戻ってるので結論は変えないですが心はまだ、やや苦しいです。
今この日記を書いていると
「力尽きた」といってもうここへ画像を載せてしまった猫の刺繍が
じーっと私を見てるんですね。上手く刺せてるじゃん!可愛いじゃん!と思います。当社比。
もとの写真は外で撮られたもので目に空が写っていました。
そういうのを刺繍してみたかったのです。
お客様のシャツの刺繍が「やりたくないもの」では決してないのですよ、
ただ「やってみたいな~」と思ったものを自由に刺すのがとても楽しかったのです。
このふた月のそのような自由に刺して来たこと、もうずっとなくてまたしばらくなさそうです。
その燃え尽き感がまた拍車をかけます。
もう何日かなんとなく気持ちが塞ぐのでしょうね・・・。(ためいき)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR