• 2017/04/11/Tue 17:35:46
  • COMMENT:4
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:洋裁


今日はお見せできる刺繍がまだないにもかかわらず出て来ちゃいましたよ。
一昨日と昨日の半端時間で裁ったまま寝かしてしまったパンツ2着、
ボタンとホールがまだなのですがとりあえず次男次女お揃いできあがり。
もうちょっと渋いカーキベージュです。

p2_R_R.jpg

ポケットの中が次女はバーバリー風の小さなチェック、次男は猫です。

p1_R_R.jpg

すごーくすごーく久しぶりに家のものを縫いましたが
糸を変えたり針を変えたりは面倒でもたまにシャツ以外のもの、というか
家の人のものや友人に何か縫ったり、というのは仕事とは別の楽しさありますね~。
一方仕事のシャツも裁って途中まで縫ってあります。これから刺繍です。

aq_R_R.jpg

こちらLINNETさんのリネンシャンブレー「アクア」。
初めて見た時はちょっと和風の「絣」っぽい雰囲気もあるなあと感じていたのですが
余り布をハンカチにした時から「これめちゃくちゃ爽やかな色だな!」と思うように。
このシャツはダブルにゃんこなので完成までちょっと時間かかりそうです…。
しかしこのちょっと憂鬱な気持ちを吹き飛ばすとても嬉しいお手紙が。

ok1_R.jpg

なんかごちゃごちゃ置いちゃいましたが
素敵なカードとお手紙とにゃんこ&ポーチのお写真を送っていただきました!
えー、ちょっと奥さま!嬉しいじゃございませんか!
とっても気に入っていただけて、それだけでもすっごく安心できてうれしいのに
わざわざ手紙をゥオゥオゥ!感激いたしました。
時々ね、「今日受け取りました!可愛いです!」と言ってシャツ着たお写真メールで送って下さったり
何か一言メールくださる方いらっしゃいます。めっちゃ嬉しいです。
でも知らない私とのやりとりしんどい人もいますよね?あとものすごく忙しいとか。
どのお客さまだって出来上がりの画像お送りして「これで結構です」と言ってくださった時
私はいつもおんなじようにものすごく安心して嬉しいのです。
だがしかし。こういうカードいただく、とかあんまり無いもんでもう興奮しちゃって大変。
きっと優しくてまめなかたに違いありません。見習わなければなりません…。
本当にありがとうございます!あんまり嬉しかったので載せてしまいました。

******
嬉しいことは他にもありました。
本のことをちょこっとお知らせしましたならば
「楽しみ~」「私も欲しいよ」「待っていたのですよ」などなど嬉しいコメントやメールが!
ありがとうございます!!
頂いた中に「日本人は欲しいと思っていても『わざわざメールするのもな』と考える人が多い」
というものがありました。さっきのお手紙くださった人みたいな率直に行動される方が珍しいのです。わかります。
自分だっていざとなると何だかわからない虚栄心のようなものが働いて
仕事だったら出せる内容のメールを躊躇したりしてしまいます。難しいですよね。
でも同じように今回の本の私の立場としては
「読みたい、作って」と言われたわけでもないのに
「きっと読みたい日本人がいるはずだ!」なんて思ってばんばん作れるほど根拠ない自信は持っていないのです。
むしろ怖くて日本語では作れない…そんなところです。
作る立場ってこのくらい気弱なのです。
「もうただの贅沢だから!売れなくてもいいんだから!」というのは
予め自分に防波堤を作って臨んでいるようなものですよね…。
しかし今は言おう。一昨日や昨日!「欲しいわ」といってくださったそこのあなた!
絶対買ってくださいませよ。本、確保しておきますからね…。(怖)


*******
「本を作ろ」と決める時まず初めに予算を決めました。
「ねこシャツの本」で得たお金はホントに綺麗に全部裁判関係へ行っちゃったのですね。
でもシャツを売ってちょっとずつ貯まったお金がありまして、それが元手です。
まずネットで自費出版コーナーを設けてる出版社さんを見てみました。
こういう所は著者となりたい本人の周りを
必要あればその会社のプロが寄ってたかって助けてくれるようです。ふうん。
そこで私は初めて知ったのですが自費で作った本を普通に流通させる事も出来るんですって。へえ。
私は自分の本は自分で売るつもりでしたし海外の人相手なので無関係でしたが
それの価格がすごく高くてびっくりしました。(内容が良いといくらか安くなったりするみたいでしたが)
これは「フワフワしたユメ持つ人から搾り取る構図」の匂いがちょっとします。
のでソッコーそういうコーナーは見限りました。
次に見てみたのがネットの印刷屋さんです。こちらは「印刷と製本」専門です。
で、ふんふんこんなもんなのか・・・と現実を知りますが紙の知識が全然ないのでピンときません。
そこでさっそく印刷に詳しいお友達に頼ることに。
洗いざらいすべてを話して(その人にも別のことでご協力願うのですが)色々お知恵拝借です。
本当にこの人いてくれて良かったです。
まずこの方、写真のプロ(フリーランス)に撮影をお願いしました。快諾。
次に私は一度本を作っていただいた経験から絶対必要だと思っていた専門家として
編集のプロ(フリーランス)にお願いをしました。快諾。
折角作るんだから見た目もよい本にしたいです。ということで
デザイナーのプロ(フリーランス)にお願いしました。快諾。
ちょっと体裁が整ってきたぞ!と勢いづいて
この人がいなけりゃ始まらない翻訳のプロ(フリーランス)にお願いをしました。快諾。ここが一番気をもみました。
ところが予算が印刷製本を残してここできれてしまったのですが
翻訳プロが「ちょっと特殊な内容(刺繍)なので監修者を付けてほしい」とのたまいまして
もうお一方翻訳のプロ(フリーランス)に監修をお願いするのですがもうお金ないのでなんとこちらへは
私の刺繍でお支払いさせていただくことに。快諾。(ホントやさしいお姉さまです。)
こうしてメンバーが揃いました。

私が協力者さんたちを探すにあたって 一番大事にしたことは
「私の刺繍を知っていて好いてくれていること」でした。
OK。なんと全員私の刺繍を持っていてくれてます。全員私のお客さまなのです。
なんと私はツイているのでしょうか。
さらに最近ここに編集者つながりの「紙と印刷の神さま」ともいうべき
「印刷オタク」なおかたまで加入してくださいました。低予算でできる限りの工夫をしてくださいます。
しかもこの方、編集者がこの話を持って行く以前から私の刺繍を知って下さっており
さらに私が昨年ブログにも書きました京都三年坂の刺繍の展示、あれの図版を作られた方とのことで
なんかめちゃくちゃ一方的にご縁感じます。
もうこれだけの豪華ラインナップで私無しでいい本出来ちゃいそうですが
おっとこれは私の刺繍の本だった。
これだけすんなりと人が揃ってしまうともう後へは引けません。
もう年末から病院(夫)へ行く以外の外出をほとんどせずに2か月くらい刺繍し通しのヒトとなりました。

私は(別にたいして人が来るわけでもありませんが)Etsyやflickrに、そして海外ブロガーの友人と
海外の刺繍サイトなどには宣伝をかけるつもりでおります。(何にもやらないよりはいいや、という程度)
それに使うための刺繍の動画も作ったらいいかなあと考えたのですが動画撮影のプロ(フリーランス)は見つからず
ちょっとしたアニメーションだけになりますが作ろうと思っています。
(結構出来てるけど写真のプロにかける迷惑がひどい。ちょっと自分でやらなくちゃ、となってるところ)

なんだか本当の商売みたいでしょ?(いや、ちゃんと届けだしてEtsyでシャツ売ってるけど)
自分はふだんここ以外のSNSを使っての宣伝、というのをやったこと無いので
たいした効果はなくともちょっとだけワクワクしています。
商売っぽくも頑張ってみよう、と思ったのには理由があります。
年末にeBayでの一件が解決したじゃないですか。
その流れで年が明けてからFっち先生にもこの話をお知らせしました。
絶対何にもないと思うけどなんかあったらよろしくお願いします的な。
それで、嬉しいことにFっち先生のお母さまは私の刺繍にとっても興味を持ってくださっているのですが
(私が依頼する前から新聞で知っておられました。)
Fっち先生が「母に本の話をしたところ『出版記念のイベントがあれば必ず出席する』と言っていました(笑)」と
おっしゃってたのですよ。
自費出版の記念イベントなんて考えてもみませんでしたが
こんなに楽しみにしてくださってる人がいるんだー!とにわかに勇気づけられ今に至る次第であります。 
やっぱり実際にうかがう激励って人を動かします。頑張りますー。

COMMENT

本、お取り起きをお願いしたいくらいです♪

何か事業を始める時、タイミングというか人がトントントンと集まり、話がまとまって行く時って、途中少々の困難があっても最後まで上手く行くように感じます。

素敵な本になりそうですね!
楽しみにしています。

 hirokoさんの本

日本人はシャイと言うか・・まあシャイなんですけど
それよりも自分の力量と言うものを良く知ってる民族なのではないでしょうか?
hirokoさんの素晴らしい刺しゅうは到底素人がマネできるものではない
だってhirokoさんのは芸術だもの・・hirokoさんの手は神の手だもの~
・・・と思ってる人が多いのやと思います
私もその一人です
なのでそのような本を望んではいけないと
そう思ってました
でもhirokoさんのhirokoさんだけの作品や図案の載った本があったらいいのに~って思ってたのは私だけではないはずです!
私もお取り置きお願いしたい~~!!!
すごく楽しみにしてます~

出版記念パーティー♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

なんてステキな提案なんでしょ〜♪
fっち先生のママ!
乾杯の音頭はママで決まりですね

ぜひ、サイン会も併せて開催して下さい_φ(・_・
あー(⌒▽⌒)今から楽しみです♡

こんにちは!
年度末でバタバタと忙しく、なかなかこちらを覗けませんでした泣
・・・エエッ?
本!!!
買いますよ、買わない訳が無い!
ネットで「リアルな動物等の刺繍の仕方」とか検索して見てたんですから。
でもこの本さえあればいつでも勉強出来るじゃないですか♪
待ってますから!
私待ーーつーーわ、いつまでも待ーーつーーわ♪
NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/514-5dc7c33c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR