FC2ブログ
  • 2019/02/05/Tue 21:48:40
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか

*************************************************************************
ねこシャツのご注文受付再開に関するお問い合わせをいくつかいただいておりますが
今のところ再開時期は特に決まっていません。
ご注文を募集するときはこのブログでのみ告知した後に日を決めてお受けしております。
*************************************************************************

テレビは本当にたくさんの人が見ていますよね。
普段もなのですがご注文に関するお問い合わせに
私はほとんどお返事を差し上げていません。すみません。
いただいたメールの中にはとても丁寧に刺繍の感想も書いてくださって
こちらの忙しさなども恐縮するくらいにお心遣いでいっぱいの
全てのお手本詰め込んだ内容でホントに今すぐ「あなたのシャツ作りますよ!作らせて!ください!」と
お返事差し上げたくなるメールもありました。
ご丁寧な方はまたこちらを見てくださるはず…と信じております。
色んな方がいらして、いろんな口調のメールをいただくと
やはり自分は人見知りであり
こぢんまりお馴染みさんにお客さまになってもらう半径の小さな店が合ってるなと感じます。
(海外については「知らな過ぎ」でラクというか。)

******
今日のねこ刺繍は(まだ途中だけど)ずっと前からブログに来て下さっておられる
勝手に知った気になってるかたのにゃんこなんですけど
知った気になってるおよび本当に知っている人に対しては
当然ある種の緊張を強いられる刺繍になりますよね。。(といって出来上がりに差はないんですけど)

ft1_R_R.jpg

美人さんですね~。
最近「調子いい」と思っていてもなお時間がかかってしまうのですが
やり始めた翌日、またその翌日と日を追うごとにどんどん細部が見えてくるんですね。
あれ本当に面白い。
たまに前日気になっていた部分が翌日は全然気にならなくて無視出来たりもするのですが
まあ日を追うごとに「あ!ここはこうじゃん」とか「う・・・ここ同じ色でやっちゃダメだな」とか
問題が多発してゴールは遠くなるばかりです。

******
先日あの古市さんが「また失言」と小さなニュースになってました。
が、私が自ら言うのは憚られるが最も押さえて欲しいポイントを
こちらがお願いしてもいないのに勝手に全国放送で言ってくださって
何ならその時は神みたいに見えたもんですが
今まで参加させていただいて自分もできる限り協力して作られた放送も少しあったけど
もしかしたら「古市 vs DaiGo」は私にとって一番価値のある放送だったかもしれないな、
などと回想しております。
だからなるべく足元をすくわれるような失言をしないように…とお祈りしている次第です。

あの「警告」をした時何にも刺繍の事なんて知らない人たちに
「どの刺繍でも同じ」「誰がやっても同じ」と言われ続けて
何かのスイッチが入っちゃってるのですよね。
同じではない、同じになんかできないのだ!って。それを私が証明しなくちゃいけない。
それってつまりそう簡単に人が作れるものを作っているようではいけない…
あの時そんな風に思ったのですよね、私。たいして力もないのに目標はいつも立派です。

でも実は多分私がやっている刺繍は現に私が出来ているのだから
時間かければ他の人にもできることなのかもしれないです。
ネットでなかなか探せないだけで同じことしてた先人も絶対いらっしゃるはずです。
でも今いるその中で「これはヒロコの刺繍」と認識してもらえたらそれで充分なのですよね。
古市さんにも認識されていたのを知って大変うれしかったのです。

でね、去年ある日本画のとても人気の美人画画家さんが、
台湾の人気猫画画家さんと一緒に個展を開く時にそのかたを
「猫を描かせたら東洋一」と紹介しておられたのですよ。
その方の描く猫は東洋一というか世界一くらいに「ねこだ!」って感じなのですが
この「東洋一」っていいな、すごいな、自分も
「猫を刺繍させたら東洋一」なんて風に言われたいものだよね~と
大胆不敵にも(いや、理想くらいは最高に高く持て!)感じまして。

あ、有名になるというのとは違いますよ、
同じことをする人たちの中で「あの人は」と識別されるようになりたいという訳です。
しかし「東洋一」はいきなり難しそうです。
中国刺繍にはすんごいリアルに刺す名も無き職人さんがいっぱいいるし
日本刺繍の世界でもすんごいリアルに刺す人はやっぱりいっぱいいらっしゃると思うんですよ。
現在にももちろんですが過去にも累々。
そこで「近畿一」とすると京都という日本刺繍を全国一消費してる気がする都市がありますし
「奈良一」でも同様に各市から文句が飛んできそうです。そうなると「橿原一」も怪しいもんです。
歴史ある土地にあっては今更勝算はゼロでございます。
ということでそれならばワタクシは東洋千とかそこら辺を目指したらよいのであろうかと考えてたんですけど
あー、違う違う、「ねこシャツ作らせたら現役橿原一」とか、
複合的にその辺から狙っていくのが順当ではないか?
作った数ならもう結構あるし、ねえ?(あれ、なんか違・・・
まあ、ぼちぼち頑張りましょ。

  • 2019/02/01/Fri 14:31:19
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか


*************************************************************************************
引き続き2017年以前にご注文をいただいた方々のサイズメールの返信をお待ちしております。
「ご注文受付確定メール」の後のサイズを訪ねるメールが届いていないかたは
メールフォームよりお知らせください。「シャツじゃなくてポーチにしようかな」なども対応しております。
私からのお返事が少し遅いかもしれませんがお気軽に相談してくださいね。
*************************************************************************************

さて。私テレビあんまり見ないので
「古市憲寿」さんという方には「ネットではよく炎上してるらしい人」という印象しか持っておりませんでした。
芥川賞の候補に挙がっていたというニュースを存じていたくらいで、大変申し訳ありませんでした。
がしかし。ゆうべから我が家での古市憲寿さんとメンタリストDaiGoさんの好感度爆上がり!
ありがとうございます!もういつでも古市さんのシャツ作りますのでお知らせくださいねー!
この思い古市さんに届け!(無理やろ)

******
今日は新しい刺繍じゃないのですけど このまえのわんことにゃんこ。ポーチになりました。
ホント可愛いなあこれ。あ、「おじさん」は6つの頃からおじさんだそうです。(猫の6歳は人の40歳なのですね…)

tod2_R.jpg

いつものシャツだと猫や犬の周りには広く布があるわけで
こういった仕立て方をすると周りの布ってすごくちょっとになります。
このポーチだと丸くくりぬいた柄布からのぞいてるような配置ですが
刺繍枠にはまってた時(あるいはシャツの胸に刺してある時)とだいぶ印象が変わるのですよ。
丸く抜いた布と合体させたときにはさっきまでのポートレート風のやや気取ったイメージとはガラッと変わって
すごく身近な雰囲気になります。
「壁に飾る」ことは壁とかお部屋に素敵な雰囲気を作ってくれることだけれど
持ち歩くとか身につけるというのはもうちょっと親密なうきうきすることですよね。

この丸いポーチ、小さいと滅茶苦茶縫いにくくて
いつもいつも作りながら「もう二度と作らん!」てなるのですが
できあがると可愛らしくて苦労忘れちゃうパターンなのですね~。
直径が大きくなるとぐっと作りやすくなって(でもやっぱり面倒くさいです)
ミシンが上手な人やアタッチメントお持ちの方は
最後に縫い代をバイアステープで包む工程もミシンでぱーっと縫っちゃうのかもですが
私はそこの所、テープを作るところから手持ちの布でやって、
最後は手縫いでまつりつけてるんですよ。
コートとか作る時もそうですけど、最後の方に手縫いの箇所が出てきますよね。
ここまで漕ぎつけたら「もう山は越えた」感、ラストスパート!てな具合に。
この「手で縫う工程」が好きな人はあんまり多くない気がするのですが
私はこのちまちまが好きなのですね~。

******
本当にこのポーチは大好きで、いろんなチェックを使って100個くらい集めたい!って思うけど
作る端からなくなってしまうのでやや淋しい。
でも刺繍入れないと私らしくないしねえ?誰でも作れちゃうものならそれもつまらないもんねえ。
まあ誰でも作れるんだけど。

  • 2019/01/29/Tue 22:15:26
  • COMMENT:3
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか

******************************************************************************
引き続き2017年にご注文いただいた方からのサイズメールの返信をお待ちしております。
「サイズメールが届いてない」という方はメールフォームよりお知らせください。
また「色をゆっくり選びたい」等々で迷っておられる方もお返事だけいただけると助かりますー。
******************************************************************************

自分の住んでいる町は結局ほぼ降雪無しなのですが
どちら向いても見える山々はどれも白くなりました。
昨年夏からなんだか体調すぐれなくて(その時は暑さで、ってかんじでしたが)
早朝散歩が出来なくなってしまったんですよ。何年も続けてたのに。
で、それがないと私は本当に、まさに文字通り「出不精」、全然外へ出ないので
体力も筋力も心肺機能も全部すべて低下して年末に東京駅であんなことになった訳で
「これはイケないよね」とここ半月ばかり早朝散歩を復活させ真面目にやっています。
なにもこんな寒い時始めなくてもと我ながら思ったりもするんですけど
「やる」と言ったらちゃんとやってるところが我ながら偉いです。もう自分でほめるしかない。
久しぶりに復活したんだからゆっくり歩けばいいんですが寒いからちょっと急ぎ足するじゃないですか。
帰ってきたらもうゼイゼイハアハア。
でもね、これでわずかに体力つくでしょうし
人ごみに行くわけじゃないからウィルスも病原菌も比較的少ないでしょうし昼間は引きこもりだから
体力無しニンゲンとして自己防衛ばっちりです。それでいいのか。

********
今日のねこ刺繍。この前の犬とともにに丸ポーチになる予定。
まだもう少し追加の刺繍があります。

to1_R_R_20190129134810351.jpg

この子は本名もあるのですが飼い主さまは「おじさん」と呼んでおり
この画像を送った後に「どこから見てもおじさんです!」との返信をいただいて
なにやら混乱します。
インスタでコメントくださった人がいたのだけれど
子ねこの時期から「おじさん」なんでしょうか。

きじのにゃんこは何十回刺繍しようと毎回「なんか色が違うよな」という感想しか持てないですが
きじ柄にも淡いの濃いの黄色っぽいの赤っぽいの色々いるし
同じ猫でも写真によっても別色になってたりするし もはやだんだん違いが気にならなくなってきました。
こういうのね、自分でも猫飼ってたり身近に猫居たら
固定概念ぽく何時も同じような色使いしてたと思うんですけど
最近どんどん「初めて使う色」試すようになって
以前は普通に使ってた普通の茶色系があんまり減らなくなってきました。
こういうの面白いです。

その一方で、この前お花とか練習してたじゃないですか、
ああいった時に使いたい赤系紫系の糸は相変わらず展開される色数に対して持っているもの少なすぎだし
なかなか上手く使うことができません。やっぱり修業が足らないなって感じですね。

  • 2019/01/21/Mon 14:45:28
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか

*********************************************************************************
引き続き2017年とそれ以前のご注文をお受けしたかたからの返信をお待ちしております。
私からの「確認メール」の後の「サイズお伺いメール」がまだ届いてないという方がおられましたら
メールフォームよりご連絡ください。
ただいま「サイズメール」いただいた方全員にこちらからも返信しております。
「届いてない!」という方がおられましたらお知らせくださいね。

先日、こちらからの数度のメールが長きにわたって「不着」となっておられた方がご連絡くださって
携帯の設定を「この送信者からのメールを受信する」ではなく「すべてのメールを受信する」に
変えたところちゃんと着いた!とお知らせくださいました。
「サイズお伺いメール」には布屋さんのリンクを掲載しているために削除されることがあるようです。
お手数おかけしますがお心当たりのある方は一度ご確認くださいませ。
*********************************************************************************

お正月の「丸ポーチ」が中々人気で
「シャツでなくああいう風に出来ないか」とのご希望を何件かいただきました。
出来ますよ~。ただしお値段的にはあんまり変わらなくて申し訳ないですが。。

あれらは本体をチェックの布で作っていますが
チェックの大きさで柄の出方は変わりますし
また全然別のドットや花柄などもご希望あればなるべく探しますので
どうぞ色々おっしゃってくださいねー。

********
さて。私、辛かったです。おいぬさま。
このわんこもう新しい写真を撮ることはできないわんこさんなのですね。
で、送られてきたお写真が「え?どれも同じ犬なんですか??」というパターン。
室内撮影の黒ワンコ、フラッシュ炊かれちゃって白わんことグレーわんこになっており
ラストの(刺繍に使った)フラッシュ無しの1枚はお目目の隠れた茶黒の毛玉。辛かった。

bd3_R_R.jpg

そしてこれも「丸いポーチみたいにして…」はいはいかしこまりましたー。
でもちょっと刺繍が大きかったかな、結構大きめになりそうですな。自立するかいな。

今海外のかたからのご注文て全然受け付けていないんですけど
何やら理由があったりして、それを丁寧にそして謙虚に書いてくださっていたりすると
ご注文を受けるかものすごく色々考えて迷ったりして、
結局お返事を出さなかったりするのですが(日本の方にもあんまりお返事できなくて申し訳ありません)
たまにお受けしたくなってしまうこともあり誠に一貫性が無くて申し訳ないです。
そういうのは「楽天バーゲンニュース」しかメール来てないみたいなココロがすさんでいる時!
ええ、ええ、この黒犬案件もそうやってまるで親切心のええかっこしいでお受けして
罰が当たったように悪魔のように辛かった刺繍ですよ。ちょっと胃が痛いです。

  • 2019/01/17/Thu 14:28:28
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか

*************************************************************************
「サイズメール」の返信を少しずついただいております。
布色に関するご相談をお受けしつつ何件か決まり次第布を手配して制作にかかります。
長くお待たせして興味を失ってしまった方や忘れてしまった方もおられるかもですが
「楽しみに待っていたよ~」とおっしゃってくださった方がた、ありがとうございます。
引き続きご返信、「メール来てないよ」のお知らせ、
そして「山口」さまからのご連絡お待ちしております。
*************************************************************************

やたらとくらくらして頭もなんとなくあんまり使われてないのではー?という最近の私の体調、
あれはご飯作ってる時とか洗濯物をたたんだりお風呂の用意をする時に
ほとんど無意識に卵焼き出来てる、みたいなことよくあるじゃないですか。
お風呂のスイッチ入れたっけ?と思ったらもうちゃんと沸いてる、とかね。
ああいうの、料理してるんだから目も耳も鼻も、
確かに五感を使って運動神経も使ってお料理してるにかかわらず記憶にないじゃないですか。
あれってつまり「パブロフの犬」の「あ!ご飯だ!」の部分を考えなくてもベルの音聴いたらよだれが出ちゃう、
それと一緒ですかね?反射弓が肩から先くらいで出来上がっちゃってて
脳までいろいろ来てないってことですかね?考えながら料理してないっていうか。
学生の頃数学とか化学で普通の計算解いてる時に
調子が良いと頭じゃなくて手が勝手に計算してるというか目と手だけで解いていってる気がすることありましたよ。
なんだろ、頭の中の計算機の速度に言語化能力が付いていかないというか
あ!すんでで事故を防いだ人が「体が勝手に動いた」みたいなあれ?あれですかね。
いや、そんなにイイもんちゃうやろ、リンス2回しちゃうアレだろ!物忘れ!って気もしますが
とにかくそんなで頭の奥の方が働いてない感あります。最近。

そんな調子なので今日は中途投げ出し失敗作を。

r1_R_R.jpg

違う。私のやりたい軽やかなお花じゃ全然無いです。あと色の選択も間違いましたね…。
色には目を瞑っても、
全体にアンティークな水彩画じゃなくてレトロな昭和の寝具のミシン刺繍のお花を連想させます。

ちょっと猫じゃないのが続いて猫好きの皆さまの興味半減かもですが
犬猫のように「毛並み」のある、糸で表現しやすいものだけじゃなくて
色々なモチーフを「思った通りに刺せるようになりたい」というのもありまして
時にはこうして試行錯誤、リトライに励んでおります。
こういうのだって猫を刺繍するとき、きっとどこかで役立つはず・・・!

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりませんが
気まぐれにお受けする場合もございます。
しかしお待たせします。

メールへの返信は基本的に遅く
返信できない場合もあります。
返信が来たら「ラッキーかも?」程度に
お考え下さい。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→


メールの不着がとてもよく起こります。
私へのメールはメールフォームからお願いします。
私からの返信が届かない場合
ご使用のパソコン・携帯のメール受信に
関するセキュリティーの設定を変更することで
解決できる時もあります。
でも単に私が返信していない場合もあります。
返信が必要な時は予めその旨お知らせください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR